セクキャバで体験入店するメリットとは?

両手を頬に充てて笑う女性

これから難波のセクキャバで働こうと思っている女性の皆様、「体験入店」ってご存知でしょうか?

体験入店とは、文字通り「正式入店前にセクキャバでのお仕事を体験できる」制度のことを言います。面接後いきなり正式入店するよりも、体験入店というワンクッションを挟む方が圧倒的におすすめ!セクキャバで体験入店をしておくメリットについて紹介します。

即日給料がもらえる

体験入店では通常通り時給が発生するため、きちんと給料がもらえます。体験入店時の給料の支払いは、原則即日の手渡し。すぐにお金が必要な場合も安心ですね^^面接の時点で「このお店で働こう!」と心に決めていても、まずは一度体験入店をして日払いの給料を貰っておくのをおすすめします。しかも、体験だから時給が低いということもないんです!難波エリアのセクキャバで体験入店する場合、平均時給は4,000円程度。正式入店後と同程度の時給を貰って体験できるのは、大きなメリットだと言えます♪

正式入店前の不安を解消

赤いワンピースを着て座っている女性

どんなお仕事でも、働く前の不安はつきもの。セクキャバで働いたことがない人はもちろん、セクキャバワーク経験者でも、新しいお店で働く前は誰しも不安なはず。でも体験入店をすることで、正式入店前に実際に働いて条件を見極めた上で、判断することができるんです!

①女の子同士の雰囲気

働く上で大事な人間関係。テレビドラマのイメージもあり、女性だらけの職場では派閥があるのでは…と心配になることもあるでしょう。難波で働くセクキャバ嬢たちは比較的サバサバした女の子が多く、激しい派閥があるお店は少ないです。でも、中には人間関係がギクシャクしているお店もあるので、体験入店時に雰囲気を感じておくと良いでしょう。女の子同士仲が良いお店、またはお互いに干渉しないサバサバした関係性を築けるお店なら、きっと正式入店後も働きやすいはずです。

②スタッフの安心感

セクキャバで働く上では女の子同士の雰囲気も重要ですが、スタッフとの関係性も大事です!スタッフは何かあった時にフォローしてくれたり、守ってくれたりする存在。体験入店時にスタッフが親切に教えてくれるお店なら、正式入店後も安心して働くことができるでしょう。逆に体験入店時にも関わらずフォローしてくれないお店は、今後働く上で不安がよぎるかと思います。スタッフの対応を見て、今後安心して働けるお店かどうか判断しましょう。

③客層が悪くないか

難波のセクキャバを訪れるお客さんは、20代の学生、30代~50代のサラリーマン、定年退職後の60代オーバーの男性まで様々です。大阪の難波らしく、ノリのいい男性が多いのが特徴の1つでしょう。リードしてくれたり話しやすいタイプのお客さんが多いですが、入店しようと思っているお店の客層をチェックするのは大切です。体験入店時に接客したお客さんが全員厄介だった…となると今後働くのは不安になりますよね。「こういうお客さんが多いなら頑張れそう♪」と思えるお店かどうか見極めましょう。

④自分に合った仕事・お店かどうか

最後に大切なのは、セクキャバでのお仕事が自分に合っているかどうかです。「求人を見たときは大丈夫だと思ったけど、いざ実際の接客をしてみると、やっぱり頑張れそうにない…」ということもあるでしょう。セクキャバではお客さんとキスをしたりスキンシップをとったりするので、「どうしても耐えられない!」と思ったら正式入店は避けるのが無難です。でも逆に、やってみたら案外大丈夫だった、という場合もあるでしょう。何のためにセクキャバで働こうと思っているのか、自分がこの先頑張れそうなお仕事かどうかを判断して、正式入店を決めることが大切です!これは実際に働いてみないとわからない事でもあるので、正式入店前にチェックできる体験入店は貴重な場。正式入店してから後悔しないよう、体験入店を利用して判断する時間を確保しましょう。

また、1店舗だけでなく複数店舗で体験入店してみるのも良いでしょう。同じ難波にあるセクキャバで条件がほとんど一緒でも、お店との相性が合うかどうかで働きやすさは変わります。体験入店を通して、自分に一番合ったお店を選んでくださいね♪